保育について

保育方針

一人一人の子どもは、人としてその人権を尊重され、しっかりとした愛情を受けて育つことが大切です。
子どもの命と将来を預かっているということを共通認識に、一人一人の子どもとしっかり向き合い、子どもを真ん中に、親との信頼関係作りを大切に、小規模ながら大家族のような雰囲気の中、子どもたちがのびのびと生活し、健やかに成長していける保育を目指します。

保育の特色

  • 小規模ならではの、きめ細かい行き届いた保育
  • 家庭的な、あたたかい雰囲気で見守ります
  • 子どもの個人差を配慮した保育
  • 無公害食品を使ったおいしい給食を施設内で作り提供します
  • 子どもの心身の発達を促す保育

保育目標

1. 身体の丈夫な子に育てる
2. 個性ある感情豊かな子どもに育てる
3. 友だちと一緒に仲良く遊ぶことのできる子どもに育てる

保育計画

0歳児 一人一人の発達にそって、食事(授乳・離乳)・睡眠・排泄・遊び・発語を援助し、成長を見守っていきます。
1歳児 歩行ができるようになり、言葉を覚え、活動を広げていく時期です。自分でやろうとすることを大切に、保育士が仲立ちをして、遊びを充分楽しめるよう保育します。
2歳児 自分の身の回りのことができるようになるとともに、時には自我が強くでます。一人一人の気持ちを受けとめ、友達と遊ぶ楽しさを広げていけるよう保育します。